美容男子の日常ブログ

メンズも美容で、いつまでも若く!毎日更新中♪

ヘルシーな魚は地球にも良いものを「海のエコラベル」

こんにちは。

めれんしぇです。

 

昨日は「土用の丑の日」でした。

皆さんはうなぎを食べましたか?


僕は釜飯屋さんでひつまぶしをいただきました。が、スーパーや魚屋さんで

うなぎを買って家で食べた方もいるかもしれないですね。

 

お気づきの方もいるかもしれませんが、うなぎって年々値段が上がっていっていますよね。

それは、うなぎの数が減ってきているからなんです。

実は、ニホンウナギ環境省国際自然保護連合(IUCN)で絶滅危惧種に区分されています!


出回っているうなぎの99%は養殖です。

しかし完全養殖は難しく、

天然の稚魚であるシラスウナギを捕獲して

養鰻場で育てています。


人間の捕獲する量が、

天然のシラスウナギの数を上回ってしまうことで

だんだんうなぎの数が減少してしまうんですね。

 

うなぎをはじめ、他にもさまざまな水産資源が急速に減りつつある中、皆さんはスーパーなどで、このマークを見たことはありますか?

 

f:id:merenshe:20210629234415j:image

https://www.msc.org/jp/

 

MSC認証ラベル、通称「海のエコラベル」です。

 

MSC(Marine Stewardship Council:海洋管理協議会)は

世界の水産資源の保護を促進する取り組みを行っています。


「海のエコラベル」は、

漁業が適切な管理のもと持続可能的に行われているか

そこから流通、製造、加工、販売まで

サプライチェーンのあらゆる段階で

完全なトレーサビリティが確立されているかという

厳しい規格に合格した海産物にのみに付けることができます。


とても信頼性の高いマークなんですね。

 


この、海の資源を守ろうという

サステナブルな取り組みは、

最近注目されているSDGsの目標14にあたります。


私たち消費者1人1人が知り、考え、

選ぶことが大切ですね。

 

鮮魚コーナーで「海のエコマーク」を見つけたら、

海洋資源を守るためにぜひ選んでみてください。

 

参考

https://www.msc.org/jp